POSシステムを導入すれば全ての管理が楽ちんになる

販売時点情報管理の利用

レジスター

素早い顧客戦略が可能

POSとは英語であるpoint of safeの略称です。これは日本語では販売時点情報管理といいます。販売時点情報管理とは物品販売の売上実績を単体単位で集計することをいいます。POSシステムはコンビニエンスストアをはじめ、ドラッグストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、ホテル、薬局など多くの物品販売店で導入されています。POSシステムを利用し各店舗間での情報の共有が可能となり商品の動きや顧客の購買履歴などをリアルタイムで把握することができます。これによりスピーディーな顧客戦略の展開が可能です。POSシステムの導入には色々な方法があります。オフィスコンピュータを利用したものやパソコンを利用したものがあります。この両者の違いはレジ型パソコンか市販パソコンを利用するかということです。レジ型パソコンの場合は搭載できる周辺機器に制約があります。そのため常にメーカー指定の機器を搭載しなければなりません。またプログラムも制限されるのでレジ型パソコンを用いたPOSシステムは機種依存性の強いシステムと言えます。レジ型パソコンの場合、POSシステムの更新がある度に機器を入れ替えしなければならず数年おきに更新に何百万円もかける必要があります。これに対し市販パソコンを利用した場合このような機種依存性がないためレジ型パソコンを利用するのに比べPOSシステムの更新にかけるコストを削減することができます。POSシステムの利用には商品のシステム上への登録が必要となりこれをマーキングといいます。これは主に商品にバーコードをつけることにより行われます。

店舗

食中毒予防

食中毒とは、起こるべくして起こるのではないので、必ずしもなくなるとはいいきれません。しかし、飲食店経営者は、細心の注意を払い、食中毒予防として、従業員の手洗いや、衛生環境の良いお店を作ることを心掛けなければなりません。

レジ

在庫管理のスマート化

posレジシステムは個々の商品の売上個数、時期、価格などを把握し、締切業務の省力化だけでなく仕入や在庫管理にも役立ちます。クラウド型はタブレットがあれば導入でき、初期費用やランニングコストを節約できます。