POSシステムを導入すれば全ての管理が楽ちんになる

在庫管理のスマート化

レジ

導入コストも低下

飲食店や小売店でおなじみのレジは、売上を記録したり金銭の出納を管理したりするのに役立ちますが、個々の商品の流れまでは把握できません。これに対してposレジシステムは、ひとつひとつの商品が売れた時刻、個数、値段や客層まで、細かくデータに残すことができます。posレジシステムを活用すれば、適切な仕入れの個数やタイミングを知ることができ、無駄な在庫を減らしたり、品切れをなくしたりするのに役立ちます。もちろん日次や月次の集計業務も自動化されるため、省力化にも効果的なシステムです。開発された当初のposレジは、システムの導入に専用の機器が必要だったため、便利ではあっても多額の費用がかかり、一部の大規模店舗や全国チェーン店でしか採用できませんでした。しかし最近のクラウド型posレジは、手持ちのパソコンやタブレットなどに、アプリをインストールするだけで利用できるのが特徴です。導入が簡単でランニングコストも低いシステムは、とりわけ中小規模の店舗に人気があります。インターネットにつながるposレジは、決済まで自動化することができ、カードやスマートフォンを使って、キャッシュレスで支払いを済ませるシステムも実用化されています。これは店舗の側には販売や会計のコストダウンになり、顧客の側にも利便性が向上するというメリットがあります。こうしたことから店の規模を問わず、今後いっそうposレジの普及が進むと考えられます。