POSシステムを導入すれば全ての管理が楽ちんになる

個人経営でもPOS導入

アプリ

店舗形態に合ったPOSを

売上実績を管理するために、POSを導入している店舗が多くあります。POSは「Point of sale」の略で、いつ何が売れたかを記録し、商品ごとの売上実績を集計します。これにより、売れ筋の商品などの情報を得ることができ、発注や在庫管理に役立てることができます。POSには、ターミナル型やパソコン型、スマートデバイス型などがあります。ターミナル型は、最も多くの店舗で使用されているPOSシステムです。レジ型の端末で、POS専用に作られているため、操作性が高いことが特徴です。コンビニやスーパーで多く導入されていますが、難点は、端末自体の価格が高いことです。導入時だけではなく、老朽化による端末入替え時も費用がかかるので、個人経営の店舗などには向いていません。ターミナル型は、大規模チェーン店のレジに導入するのが適しています。パソコン型は、一般的なパソコンにPOSシステムをインストールしたものです。パソコンに、バーコードリーダーなどの周辺機器を接続して使用します。POSとしてだけでなく、通常のパソコンとしても使用できることが特徴です。スマートデバイス型は近年増えてきているPOSで、タブレットやスマートフォンに専用のPOSレジアプリをインストールして使用します。有料アプリはもちろん、無料のアプリでも多機能のものが多く、在庫管理ができるものや、クレジット決済に対応しているものもあります。導入費用が安いため、個人経営の店舗でも手軽に使用することができます。アプリなのでソフトウェアの更新も簡単で、機能の追加等も可能です。