POSシステムを導入すれば全ての管理が楽ちんになる

食中毒予防

店舗

食中毒を出さない

飲食店経営をしていくうえで、一番気を付けなくてはならないのが、「食中毒感染」です。食中毒といっても種類はたくさんあります。鶏肉や鶏の卵から感染するサルモネラ菌や、鶏肉の調理不十分から感染するカンピロバクター、集団感染するO157、そして寒い時期になると、二枚貝から発生したり、人の便から人に感染し、冬の季節になると必ずニュースになる今一番感染が拡大するノロウイルス等々があります。飲食店経営者は、絶対に店から食中毒をださないことを心がけなければなりません。また、感染を防ぐには調理従事者の手洗いは勿論、定期的な検便検査などもおこなわなければなりません。もしも、これを怠り、食中毒を起こしてしまった場合、保健所の検査が入り、お店の営業を停止しなければならなくなりますし、また最悪の場合は感染した人が入院するという事態も懸念されるので、必ず細心の注意を払い、経営しなくてはなりません。飲食店で必ずやることは、手洗いや調理従事者が清潔かどうかや、定期的な検査、そして従業員たちの体調管理が必須です。体調の悪い(とくに下痢気味の人等)調理従事者や、ホールスタッフ、そういった人から感染する恐れもあるので経営者は体調の悪い人は必ず休ませるようにしなければなりません。以上を踏まえて、飲食店では当たり前ではありますが、食中毒を絶対に出さないように、経営者は従業員の体調管理や、衛生環境等を常に考えて仕事をしなくてはなりません。